読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【考察】enchantMOONにおける"書く"体験

ついにenchantMOONを手に入れた。
数時間enchantMOON(以下、本体)を体験して得られた考察を述べる。

【書く】
紙の上に書くという体験に近い感覚で書くことができる。
しかし、紙の上に書くように字を書くことはできない。
その理由として、
1:線が遅れて描写される
2:ペン先がどこにあるか不明
3:ペン先にかかる摩擦力が紙と異なるため感覚的に慣れない
が挙げられる。

1について
気になるレベルで線が遅れて描写されてしまっている。
そして、書けば書くほど遅延が大きくなる。
感覚としては、動画に対して音が遅れて流れてくる状況と似ている気持ち悪さ。
人間は自分が得られるだろうと期待する情報と異なる情報を受け取ると気持ち悪いと感じるようである。

2について
ペンを本体に置くとどこに描写されるのか不明である。
感覚としては、期待する描写位置から左上にずれているように感じる。
ただこれは私のペンの持ち方が問題かもしれないし、単に慣れの問題かもしれない。
というのも、世の中にはペンタブで綺麗な絵を描いている人は多くいて
この問題はそのペンタブでも起こっているのではないかと考えるためである。

3について
本体の表面はツルツルである。
そのため、ペンを走らせるとスーっと書くことになる。
紙だと摩擦を感じながらずずっと書く感じである。
ある人はこの紙の摩擦を感じながら書くのが好きと言っていた。
紙の進化形として、この摩擦を感じる書き心地というのは大切なのではないだろうか。


【書くことに付随する動作】
本体を使って自分の思考を自由に書いていくということを行った。
(私は紙を使ってこれを頻繁に行っている。)
先ほど述べた、書くということに関する未完成な点は感じつつも
紙上に書くのと同様の楽しさを感じることができた。
そして、ソフトウェアを介しているからこそ欲しいと思った機能が3つあった。
1:消えろ!
2:動け!
3:フォントになれ!
である。

1について
紙にシャーペンで書いていたら消しゴムを使う。
本体だとスタイラスで書いて、ボタンを押しながらスタライスで消す。
これが非常に面倒である。
「二重線を引いたら消える」「任意の文字を丸で囲ってボタンを押したら消える」「念じたら消える(←これは夢)」
などの機能が非常に欲しくなった。

2について
これは紙ではできないことであるがテキストエディタならできること。
つまりテキスト(文字)の挿入機能が欲しくなった。
例えば、
ecahntMOON となってしまったときに

n
別のところで"a"と書きそれの挿入場所を矢印で示すことで
enchantMOON と修正する、ということである。

3について
字を書くのは楽しいが、私は字が汚いので他人に見せるものに対して
フォントに置換する機能が欲しいと思った。
丸で囲った部分を文字認識して、任意のフォントに置換するということ。

以上、私が欲しいと思った機能である。
さらに考えればまだまだ出てくるだろう。

【まとめ】
以上、書くということに対して考察を行った。
いろいろ書いたが、enchantMOONは使っていて楽しかった。
もちろんイラッとくるときもあるが楽しいの方が勝っていた。
イラッとする部分としては動作が重いという一言に尽きる。
消えなくても、動かなくても、フォントにならなくても、
ヌルヌル動いたらそれだけでまた感動できる。

以上です、最初の方のenchantMOONを手にすることができて本当に良かったです。
お金に余裕があれば2号、3号も買っていきたいです。
バイバイ私の初任給。