読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あかりちゃん達といちごちゃん達を比較してみた

大スターライト学園祭が終わり、アイカツ!3年目も終わろうとしている。

あかりちゃん達がメインになって、アイカツ!の雰囲気が変わったと何度も感じた。アイカツ!が素晴らしいことに変わりはないが、改めてあかりちゃん達といちごちゃん達を比較してみた。

視点としては、以下の3つで考察。

  • あかりちゃん:いちごちゃん。[個人]
  • あかりちゃん世代:いちごちゃん世代[世界観]
  • ルミナス:ソレイユ[ユニット]

あかりちゃん:いちごちゃん。

 努力、等身大、自分探し:天才、偶像(アイドル)、トップを目指す

あかりちゃんの姿をアイドルと呼ぶかは難しいが、いちごちゃんは間違いなく存在そのものがアイドルであった。よって、いちごちゃんこそがアイドルにふさわしく素晴らしい。と言えるだろう。

しかし、ある人物の関わり方が全く違うということは考慮しておくべきかもしれないのではないか?

それは、織姫学園長。彼女はいちごちゃんに対してはひたすらに試練を与え続け、上を目指すサポートをしていた。道を示していた。
だから、いちごちゃんは迷う必要はなく目の前の壁を乗り越えるだけでよかった。(もちろん、壁を乗り越えることも大変なことだが)

一方、あかりちゃんに道は示されなかった。自分で道を作り進んだ。あかりちゃんは大きな不安の中でみんなと支え合いながらアイカツをしていた。こんなあかりちゃんも素晴らしい。そう、あかりちゃんも素晴らしいのだ。

でも、やっぱり、アイドル的なアイドルはいちごちゃんなのだから、いちごちゃんこそがNo1だと織姫学園長のサポートがあったけど、それはサポートさせたいと思わせるカリスマがあったからだと(勝手に解釈して)

結論!いちごちゃんの方があかりちゃんより素晴らしい。(当然、異論は認める)

あ「自分が何をやりたいよくかわからない」
い「そういう悩みはあんまりなかった。」
116話 大空JUMP!
これは織姫学園長の接し方の結果。

あかりちゃん世代:いちごちゃん世代

あかりちゃん世代はアマチュアからプロになる物語。

いちごちゃん世代はプロ世界でひたすらに競争して上を目指す物語でシンプル


あかりちゃん世代は全体の物語として何を表現しようとしていたか本当にわからなかった。しかし、151話でいちごちゃん世代にあった競争意識が出たことは大きな変化である。これがヒントになるかもしれない。あかりちゃん世代では、舞台、ドラマ、どっきり、トーク番組と広い芸能世界が描写された。これは、先に述べた学園長による道が示されなかったからこそいろいろな体験が必要であったということの具体例なのかもしれない。いろいろな自分に疑似的になることで正真正銘の自分探しをしているのである。と考えられるかもしれない。

視聴者である自分としては、単純に吸血鬼になったキャラクターや変身するようなあかりちゃんを見るだけで瞬間的な面白さを感じていたのだが、あかりちゃん達としては
自分探しをしていたという解釈でいかがだろうか?

そして、いろいろやったけど、最終的にはいちごちゃん世代達がいた競争世界こそが真理だったという結論はなかなかに厳しいというか、感慨深いというか、戻ってくるのかよ!と。では、最初からそこにいた、いちごちゃん達の方が強くないかと思ってしまう。いろいろ経験しているからあかりちゃん達の方が強いという考えもあるかもしれないが。個人的には、あかりちゃん達がアマの世界からプロの世界にようやく来た、とそういう認識だ。

さて、今さらだが、、、

いちごちゃん世代は一貫して競争世界で戦い続けていた、その姿は見ていて本当に強く美しかった。奮え自分も頑張ろうと勇気づけられた。テーマが変わらず、みんながトップを目指すというものだった。ユニットを組むことはあっても、負けないという競争意識が全てにあった。ともすると、それはつらく大変な世界であるかもしれない。
しかし、そういう世界で本気で挑むからこそ得られる喜び、幸せがある。だから、視聴している私は感動した。

結論!いちごちゃん世代こそが本当の美しさをもっていた(プロの世界)。
ようやく、あかりちゃん世代もその美しく厳しい世界に入った(かもしれない)。

ルミナス:ソレイユ

 女児向け:大人向け

ユニットの対比はいろいろな視点があるが、最も如実に形を表現しているのはライブ前の掛け声だろう。

「キラッキラッに輝くのは~ルミナ~ス!」

「ソレイユ!ライジング!」

ルミナスは自分達が光輝くことを目的としている。幼女先輩達がこれから大きくなり、一人ひとりが輝くという目的と合致している。ソレイユは自分達がより高みへ昇っていくことを目的としている。大人達が社会で活躍し、人間として成長するという目的に合致している(かもしれない)。単純に給料がライジングして欲しいという目的の方がわかりやすいだろうか。

結論!ルミナスは女児向け。ソレイユは大人向け。

以降は蛇足かもしれないが、

ルミナスは学園祭のイベントをきっかけに自発的にユニットを結成した。ソレイユはやはり学園長からの薦めで結成した。ここからも学園長の存在の大きさがわかる。

ひなきちゃんとらんちゃんという三人目 的な立ち位置。彼女達はどう見ても最後に追加された一人である。

ひなきちゃんはどれほどの葛藤と挫折をしたのだろう。らんちゃんはトライスターで一時的に活動して葛藤と挫折を味わった。ルミナス結成回でひなきちゃんの葛藤も描写されたが、単純にらんちゃんの方が描写時間が長かったため、深く描かれ、私の心を打った。二人の違いは描写時間だけで、葛藤と挫折の大きさは同じくらいだったのだろうか。
ひなきちゃんは前向きな性格故に、本当に根っこの部分は十分に描写されていないように感じる。

だから、わからない。

一方、らんちゃんは随所に劣等感を感じている描写があった、と思う(記憶だが)。しかし、らんちゃんは成長し、自分らしくトップを目指しているように感じる。

まとめ

三つの視点でいろいろ書かせてもらいましたが、

 結論!私はいちごちゃん達の方が好き。

以上です。

劇場版アイカツ! 豪華版 [Blu-ray]